2010年05月03日

鯉のぼりの大群に感動しなかったユキ

鯉のぼり.jpg


去年と違って今年は鯉のぼりが大好きなユキは、教会の行き帰りにもスーパーに行く時も鯉のぼりを見つけては大喜びしている。そこで大群の鯉のぼりを見せてやろうと葛城山麓公園へ出かけた。

ここは自宅から12〜3キロのところで、昨年蛍を見に行った場所だ。2年前には鯉のぼりも見に来たので今回で3回目、入場無料、駐車場無料で人も少なく最高の穴場である。

2年前、松屋町(通称まっちゃまち)で鯉のぼりを買った。マンション用だが、染めも鯉の顔も気に入って少々奮発して買ったが今は無い。さりとて新たに買うつもりはない。

先日美容院へ行った帰りに立ち寄った百均(100円商品の店)で、鯉のぼりが目に付いたので買って帰ったところ、孫はたいそう気に入って一日中持って歩き、寝る時もベッドサイドに立てている。

こんなに鯉のぼりが大好きならば、大群の鯉のぼりに感動するだろうと、いよいよ広大な公園内に入った時、私はワクワクして孫の顔を見ていた。

ところが、本人は何と言うことはなかった。
大好きな電車に乗った時も同じで、憧れの対象が目の前の現実になった時は拍子抜けしたような表情になるのがユキの特徴だ。

そんなわけでいくつかの滑り台を楽しんだものの、一番楽しかったのは砂遊びだったかな?今日も石ころや落ちている木の枝拾いに忙しかった。(笑)

つり橋.jpg

長い滑り台.jpg
smileユキ.jpg
「ママが作ってくれたお弁当、おいしかったね!」

最近のユキの特徴を二つ:
「なんでゆうて?」、つまり、「『どうして』って言うて(聞いて)?」と言う意味だが、「また来たゆうて?」、「悲しいなゆうて?」と、自分に言ってほしいセリフを要望してくるので、面白くて笑ってしまう。


最近はおじいちゃんと気が合う。子供に甘いからだ。
今日はもう食べてはいけないと言われているものを食べたい時は、「おじいちゃん、みかん食べない?」と誘って、自分の口にも入れてもらおうとする。

「おじいちゃん、来て!」と誘い、洗面所を締め切って何か食べているのを知子ママが何度も目撃している。今日は私達が2階で休憩している時に、またしてもシューアイスを二人で食べていた。

山麓公園から帰宅して郵便受けを見ると、たくさんの祝電が届いていた。何かの間違いかと思っていたら、夫に大阪府知事から産業功労賞を頂いたからだった。授賞式は7日にある。

お疲れ気味の夫.jpg

 昼食後、砂遊びをしているユキと知子を上から見ているところ。

 
posted by 優子 at 23:01| 知子(ユキの成長) | 更新情報をチェックする