2017年04月13日

只今必死状態

IMG_3951.jpg知子は2か月前から猛烈に聖書を読んでいる。平日も通勤電車の中で、夜も時間があれば読み、休日は深夜まで、また昼間は長時間読んでいる。
そんな知子から先ほど贈られたみ言葉は。

「あなた方が、気力を失い疲れ果ててしまわないように、ご自分に対する罪人たちのこのような反抗を忍耐された方のことを、よく考えなさい」。(ヘブル人への手紙12章3節)

IMG_3943.jpgそして今朝、祈りの友からいただいたみ言葉は、
「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます」。
  (ヘブル人への手紙4章12節)

IMG_3937.jpg「家の教会」での聖書メッセージの準備は、毎回8〜10時間(2〜3日)かけて準備しているが、今日はあともう少しで完了という11時過ぎに、『種を蒔く』4号(日本クリスチャン・ペンクラブ関西ブロック発行)の初校が届いた。
すぐにでも封を開けたいところだったが礼拝メッセージを仕上げた。

覚悟はしていたが、またまた「必死状態」パートVになった。取り掛かり出した11時半過ぎから、まずは一通り見て印刷屋さんと大田先生にメールし、印刷屋さんからの電話で原稿を見ながらあたふたし、その後も目次漏れを発見するなど、Oh help!

気がつけば2時半過ぎていた。垣根の間から外を覗くと古紙回収がそのままになっていた。その時、義母の古紙を出すのを忘れていたことに気が付いた。こんなことは初めてだった。そのあと少しして回収に来てくださり幸運だった。感謝!

そして大急ぎで掃除機をかけて、ようやく昼食をと思った瞬間にユキが帰宅した。腰も痛くて座れず、「お行儀が悪いけれど」と孫への教育的配慮を忘れず(笑)横になって食べ物を口に入れた。

今日は久々の晴天。午前中に行くつもりだった散歩に夕方から30分ほど出かけた。抜けるような晴天ではなかったが、青い空をバックに桜を見たかった。

IMG_3996.jpg
でもこれだと「抜けるような晴天」だ。
11日の冷たい雨風で色あせてもいたが、ようやく青い空のもとで桜を見ることができて大満足。これで今年の桜も見納めだ。

IMG_3995.jpg

今朝は4度まで下がり午前中は暖房をかかせないのに、まもなく葉桜の季節に移る。11日から造幣局の桜(八重桜)の通り抜けも始まった。

IMG_4015.jpg
公園の八重桜も間もなく開く。
蕾をアップにするとこんなだよ!
IMG_4014.jpg

IMG_4007.jpg
木々も新芽を芽吹かせ、その勢いまで伝わってくる。
自然界の神秘。その中に復活を暗示させる。
明日は いよいよ"Good Friday"(聖なる金曜日)。


IMG_3962.jpg
私が折ってしまったチューリップも精いっぱい咲いている。
本当はもっと背が高くて最初に咲き始めたほど元気だったのに、夜は完全に花びらを閉じられないし、目覚めてもやっぱり勢いがないけれど、「2017年のチューリップ」を脳裏に焼き付けたい。

さて、JCP15日の例会では総会がある。知子の助けを得て会計報告は9日に完了させた。今月末までに印刷屋さんを再訪する予定。それまで「必死状態・パートW」を頑張らねばならない。
明日のことは明日のことにして、今日も感謝で閉じる。

posted by 優子 at 23:53| 随想 | 更新情報をチェックする