2014年09月05日

関西北越会の中国旅行から無事帰宅

夜9時過ぎに知子がフライト情報を検索してくれ、キャセイパシフィック航空(CX0502)は無事関空に着陸していたことを確認した。
神さま、感謝します。事故から守ってくださりありがとうございました!

夫不在の静かな5日間はアッという間に過ぎてしまった。
ようやく長い夏休みも終わり、3日から給食も始まったので6時間ほど自由な時間ができ、今週はずっとまだ仕上げていない原稿に追われていた。ただし今も未完なり。

今日は5時間も集中していたので昼食を摂ったのは2時半を過ぎていた。昨日は良く書けたと喜んだのも束の間、操作ミスで消えてしまい疲れがドッと出てしまった。

今日もう一度取り組むも書けなくて、6時間以上やっていたがダメだ。
「神の奇跡の中を歩く −長女の『出エジプト』−」と題して知子のことを書いてるのだが、明日明後日で再び知子からインスパイアされる(霊感を受ける)ことを期待している。


さて旅行前日は淋しかったが無事着陸とは、まるで台風が上陸したような感じだ。
「大人の男性なのになぜ?」と思われるかもしれないが、孫の教育上悪いのに食事中にもテレビをつけ、しかもサスペンスをかけるので毎回口やかましく注意しなければならなくて疲れる。それでも今では毎週土曜日の夜は『寅さん』を観るのが習慣になってしまっている。

不在中、知子は父親の秘書役も務め、8日はいつも通り7時半過ぎの出社で大丈夫なように預かり書類を全て整理してくれていた。

そして父親と入れ替わりに、今度は知子が8日朝6時前の電車で関空に向かい、日本製紙主催で台北研修ツアーに出発する。参加者27名の内、女性は知子1人だけだ。

3日目に工場(台湾の工場を日本製紙が買収した工場)を見学して帰国は10日、今夜と同じ5分遅い時刻の着陸予定で関空に到着する。
その時は良輔が迎えに行き、今夜は知子が駅まで迎えに行く。わーい(嬉しい顔)
知子もまた無事に帰還できますように!

先ほど夫から「携帯電話の電池がなくなったから」と、上本町駅の公衆電話から元気な声で電話が入った。11時頃の電車なので今知子が出発した。

6日0時00分追記:
チャッピーも起こされてしまったね.jpg23時10分帰宅。
チャッピーもお迎えしてくれている。
寝ていたのに起こされてしまったね。このあとすぐに小屋に入って寝てしまった。

おかえりなさーい!
このスーツケースは休みなしで月曜日から再びフライトだ。(笑)
中国から御帰還!.jpg
玄関に入るなり開口一番、「みんな、ユウ(優子)のことを聞いてくれてはったで!」
(ありがとうございます!私もお目にかかりたかったです。)
「中華中華で、ポルトガル料理も肉肉肉で、ユウやったら食べるもんないわ。みんなにも言うといたわ。香港の中華は食べられたけれど」だって!
私は好き嫌いがあるので食べるものがないということは減量できてよかったのに!

「ビジネスクラスは楽やわ〜〜〜。マチが言うてたラウンジあったけど、お腹一杯で食べられへんかったわ」。
と、早速楽しい話が飛び出している。

北越紀州製紙の工場見学だけは行きたかったので残念だった。明日、マシンのことや、工場内の中国人の様子を聞くのが楽しみだ。

8日からの日本製紙の旅行に参加される方々は香港に留まっておられるとのこと。社長がそんなに会社を空けられるなんてすごいね。

posted by 優子 at 22:55| 随想 | 更新情報をチェックする