2015年11月20日

私もあなたも素晴らしい人生を!

こんなに暖かい11月は初めてだと思います。今日も20度近くあったでしょうか、半袖のTシャツに、合い(春・秋用)のブレザーでも歩くと暑かったです。

そんな今日、敬愛する知人のお見舞いに「HAT(ハット)神戸」(三宮を中心に神戸市の東部新都心として開発された地区の名称。「HAT」とは「Happy Active Town」の略)の病院まで行ってきました。孫に鍵を持たせて登校させたのは今日が初めてです。何とか孫よりも15分遅れ程度で帰宅しました。

ちょうど1ヶ月前、知人は心筋梗塞で一時は危篤状態になりましたが幸い快方に向かっておられ、血色も良く、いつもと変わらないご様子でした。
まだ40メートルしか歩いてはいけないそうですが、最後の治療を終えたらきっと年内に退院できるでしょう。

友のブログ(『生かされて』11月19日の記事)に素晴らしい詩が紹介されていましたので紹介させていただきます。

           「素晴らしい人生」

     あなたが生まれたとき、
     みなが笑って、あなたは泣いたでしょう。
     だから、あなたが死んだとき、
     みなが泣き、あなたは笑っているような、
     そんな人生を送りなさい


本当に、そのような人生を送りたいですね。

知人のお話には何度も「感謝」という言葉が出てきました。素晴らしい人生を積み上げておられます。ご回復を祈ります。

ずっと動かない.jpgチャッピーは今日も長い一日を過ごしていた。
最近しばしばここでこのような格好をしてジッとしており、今朝もこんな後姿を見て外出するのは忍びなかった。

附記:多忙な知子は未だ帰宅していない。
明日は参観日、明後日の礼拝は奏楽のご奉仕だが練習に時間が取れない。早朝出社することが多く、この水曜日の交通当番も私が立った。そして帰宅も遅い。年がら年中この生活では過労で倒れてしまわないか心配だ。
ユキは明日の参観日を楽しみに眠った。
 

posted by 優子 at 22:25| 随想 | 更新情報をチェックする