2016年07月08日

ひまわりが咲いた! −ブログで人生を分かち合う―

ひまわり@.jpg今朝、ヒマワリが蕾を黄色く染めていた。
そして15時過ぎ、左の写真上方の花が開花し始めているのを発見! 

開花!@.jpg








それを椅子に上って
正面から撮った。開花!A.jpg

美しい神秘の世界。
いつまで見てても飽きない。

不思議なことに一番成長の早かったヒマワリは、まだ閉じている。

夜遅くまで電気をつけているとヒマワリが眠れないので、早く消灯するように心がけている。6月26日の記事を書いていた時に気がついた。

今日は曇り空だったからか、朝顔が夕方になっても咲いている。雨が降り出した。

夕方になっても咲いている.jpg

2015朝顔の種.jpg昨秋、朝顔の種をたくさん学校に提供した。
今頃1年生の子供たちの植木鉢にも同じ朝顔が咲いていることだろう。

種を分ける。
思えばブログを公開するということは、文章を通して私の人生を分かち合うということでもあろうかと思う。


思索、喜び、怒り、葛藤、悲しみ、成功、失敗、希望・・・、それらを書きたいと思うのだが、「書ける範囲で」という条件つきゆえに退屈な内容になってはいないか。読んでくださる人の心の琴線に触れるものを書いているだろうか。

ブログは、書き手が最も取り上げたいことや、もっと突っ込んで書くには不適切な道具ゆえに、それらは是非早いうちに「念願の一書」に書こうと思っている。

我が家で咲いた花の種を分け、それを子供たちが咲かせてくれたように、この『メメントドミニ』を読んでくださっている方の中に、一人でも何かを感じてくださるならば大きな喜びだ。

と、こんなことを書いていたら、「おばあちゃん! カブトムシが脱皮し始めた!」と、ユキが叫んで入ってきた。
カブトムシの幼虫.jpg3月末にもらったカブトムシの幼虫が皮を脱いで成虫になったのだ!
カブトムシ脱皮.jpg

また叫んだ!
「おばあちゃん、もう一匹もめっちゃ動いてる! またオスやった!」
宿題の続きをしては、いつの間にか庭へ行ってたユキ。

しばらくして網戸越しに言った。
「おばあちゃん、今度はメスみたい」と、3匹目の脱皮を伝令し、その後まもなく、「おばあちゃん、メス生まれた!」と叫んだ。さすがにもう見に行かないが、私は感動の笑みを満面に浮かべながら書いている。

ところで脱皮は一斉にするのだろうか?
カブトムシは一度にいくつ卵を産むのだろう。同じ時の卵だから一斉に脱皮するのだろうか。何事も関心を持つと面白い。

まあこんな調子で、ユキは僅かの宿題さえ集中できないので、実は昨日二人で塾見学に行った。知子がお膳立てをしたのだが、子育て経験のある私も初めてのことだった。

ところが豈(あに)図らんや、国語と算数の二コマを経験したユキの感想は意外だった。

posted by 優子 at 17:45| 随想 | 更新情報をチェックする