2016年07月24日

パソコン修理を終えて早ご帰還!

私は今、「ウィンドウズ8.1」でこれを書いている!
そう、18日の夜に修理に出したパソコンが、もう修理を終えて戻ってきたのだ。知子は特にお願いしていないのに「大至急扱い」で修理してくださって、午後に電話が入ったという。

その店で購入した商品を5年間無料保証してもらうために毎年1000円(?)ほど支払っているので、購入後3年半経過していても無料だった。

パソコンの購入金額64000円の範囲まで無料修理になっているという。今回はハードディスクを取り換えたが、まだ3万円ほど修理可能な金額が残っているので、その範囲内の修理で1年半以内ならば無料とのことだ。

知子は私の不自由さを思って今夕4時過ぎから家事をしながら初期設定に取り掛かったという。平日の知子は時間、体力ともに全く余裕がない。

この時期に修理に出すならば早く持っていかないとお盆休みを挟むので1ヶ月以上かかるとのこと。しかもちょうど太志君が帰ってくるので滞在中に初期設定してもらえるという思いもあって、思い切って持って行ったのだった。

頑張り屋の知子はさっそく設定を終えてウィルスソフトを購入、ダウンロードし、「お気に入り」の引っ越しも終えて、私を迎えにいくために家を出てくれたところを出会った。

今日は6時から7時頃には帰ると言って家を出たので、「遅くなるから迎えに来ないで」と連絡したいが、今や公衆電話が全然見当たらずヤキモキしていた。携帯電話を持たないのもいよいよ限界だ。

私は今関信子さんの新刊書『大久野島からのバトン』のサイン会に駆けつけるべく、朝10時前に家を出て大津へ行っての帰りだった。

講演会とサイン会の後、N兄(きょうだい)と今関先生と私の3人で大津駅前の石のベンチで2時間話し込んでいた。喫茶店どころか自動販売機すら全くなくて、県庁近くまで行ってようやく飲み物を手に入れたのである。 

大津を経ったのは午後6時30分過ぎ。大阪駅で15分ほど大丸に立ち寄って午後9時過ぎ、ようやく自宅にたどり着いた。もうクタクタ。

知子は私の顔を見るなり言った。
「良い知らせがあるよ! そして、悪い知らせも。
良い知らせは2分前にパソコンが使えるようになったことで、悪い知らせはユキがママのカメラを壊してしまった。ごめんね」。


知子とユキは楽しく過ごして、夕飯も「おいしい、おいしい」と喜んで食べたのに、その直後、急にボロボロ泣き出したという。今朝早くに壊していたのに、ずっと黙っていたんだって!
「おばあちゃんがいつも、こんな端っこに置いていたら落ちるよって言っていたのに置いていたから、こっちのを動かしたら落ちてしまった」と。

カメラは分解破壊した。初夏にはボールを当てて門燈を破壊したのに、またしても・・・
では、ユキの寝顔を見て、私も早く寝よう。
ありがとう、知子。


posted by 優子 at 23:31| 随想 | 更新情報をチェックする