2016年12月15日

我が家のインフラも知子が担う

霜が降りた屋根.jpg今朝はパウダーシュガーを振ったように屋根が霜で白くなっていた。

最低気温は−1度で、日中も8度までしか上がらず真冬並みの寒さだが、ユキは今日も学校から帰ると宿題を終えて遊びに行った。今日は家の前でO君とO君のラジコンで遊んでいた。

さて、我が家も新築して17年経つと次から次と不具合が出ている。
今回は先週末にインターフォンが突如機能しなくなり、翌11日に知子が量販店へ出かけて発注・手配して、13日に取り付けてもらった。インターフォンが鳴らないのも困る。洗濯機の故障と同じく待ったなしに必要なものだ。

newインターフォン.jpgこれを機に、ようやく我が家のインターフォンも映像付きになった。これは取り付けた翌朝、ユキが学校へ行く前にチャイムにタッチした。
この家の引き渡しを受けた1999年2月には、既に映像付きのインターフォンがあったと思うのだがどうだったんだろう。

LEDに交換A.jpg今では知子が我が家のインフラまで担ってくれており、11月13日には食卓上の照明器具を自ら取り付けてくれた。

10月下旬より電気がつかないことが頻繁だった。蛍光灯を交換してもダメ、グロー球かと思えばグロー球は最初からついていなくて、照明器具がダメになったようだ。

スイッチを入れると一瞬ついては消えてしまう。何度か繰り返すと点く場合もあるので、夫がスイッチをパチパチ繰り返す。そのようなことをしていたら本体そのものが損なわれて工事になってしまうからと、注意しなければならないのも苦痛だった。

LEDE381ABE4BAA4E68F9BE291A0.jpg今の照明器具は蓋を開けると丸い蛍光灯ではなく、まるでイカが卵を産み付けたみたいで驚いた。すべてLED電球に変わっているので、丸い管を予備に置きすぎると無駄になりそうだ。

この照明器具を取り付けてくれたのは知子で、今週の日曜日にはテレビとインターネットをつないでくれた。共に全く苦手な分野である。説明書を真剣に3度読んでから始める。経理の仕事も全てそのように開拓してきたように。

ネットにつないで.jpgユキは翌日からさっそく「Let's天才てれびくん」を楽しんでいる。

テレビに取り付けた機械は「ポイントが貯まっているから」とNTTが送って来てくれたのだが、知子は休日もなかなか着手することができず、ユキが2ヶ月越しにお願いしていたことだ。

ユキはお友だちが持っているゲーム機を与えられずに我慢している。
というのは、知子と真智子は小学校1年生の2学期から階段を駆け下りるように視力が0.1以下にまで落ちていき、ユキも強度の近視になると眼科医から言われてもいるからだ。幸い今も視力は正常を保っている。

学校から帰ってきたら宿題だけして暗くなるまで遊ぶユキ。ボールが当たって門燈を壊したりもするけれど、私はそんなユキを微笑ましく思っている。

父と母にユキと会わせてあげたかった。


12月の台所.jpg「優ちゃんの孫になると縁が薄くなるからなぁ」と言っていた父。

「お父さん、お母さん、ユキはいい子に育っているよ。
本当に優しい子でね、遊びから帰って来た時にお風呂を洗っていなかったら黙って洗ってくれるような子です。
知子と真智子も優しい子、成熟したりっぱな社会人として頑張っています。娘たちは私の喜びです」。


シングルマザーとして生きる女性の強さか、知子の凛とした姿は輝いている。今では会社だけではなく家庭でも精神的要まで担いつつあり、そのような娘に感謝し喜びつつも哀感も入り混じる。

学校は今日から短縮授業に入り個人懇談会が始まった。知子は特別に便宜を図っていただいて8日に懇談を終えている。17時から1時間も教育観について話が盛り上がり、担任の先生(運動会後より3年になって3人目の担任)と価値観を共感し合えたと喜んでいた。

昨夜の冷え切った夜も帰宅は11時半だった。今夜はもっと早く帰ってこられますように。

ユキ撮影.jpg
Photo by Yuki!

追記:今夜は10時半過ぎに帰宅した。

posted by 優子 at 16:33| 知子(ユキの成長) | 更新情報をチェックする