2017年03月27日

すべては摂理の道程なり

イソヒヨドリ.jpgこれは2月12日の夕方にユキが撮ったイソヒヨドリ。美しい鳴き声はここをクリック! 
小鳥のように見えるが、名前のとおりヒヨドリの大きさだという。寒くても鳥たちは今日も元気に飛んでいた。


IMG_3172.jpg以上は2月中旬頃に書いたものであり、以下もまた同日に書いていたものである。これは私に洗礼を授けてくださった敬愛する小山恒雄牧師の著書『恩寵の選び』より、目につくまま書いていたものである。

私は精神的苦痛の耐え難き時、魂に酸素吸入をあてがうような思いで書写することがある。この時もまたそうだった。

人生はむずかしい相手とのやり取りの連続である。そして、その問題が困難であればあるほど、神からの可能性も大きい。人間が自分の力に行き詰ったところから、神に突破口が生まれる。

「試錬を耐え忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう」。  
           (ヤコブの手紙 1章12節)

人は自分の弱さを認めず必要を自覚しないゆえに神に近づかない。主のみ前に自己が打ち砕かれてこそ、人は神の手に陥り、へりくだり、神に近づけられるのである。

「信じることが神の業である」。(ヨハネ伝・6章29節)
「私たちの弱さ」を告白する恵み。

信じて救われるのは、瞬間的な神の恵みの御業と決断によるが、信じぬくことは一生一代の大事業であり、そこには山あり谷ありの生活がある。しかし、聖書は試練と忍耐の祝福を確約している。

プラス×プラス=プラスなれば、マイナス×マイナス=同じくプラスである。これは近視眼的なご都合主義の信仰ではなく、救われ、選ばれた神の子たちが栄光のみ子の肖像にまで変えられていくための、当然経なければならない摂理の道程である。

私たちの信仰生涯においても有形無形の危険の中で、一触即発というような中を幾度主の守りによって乗り越えることができたであろうか。


「わが魂よ、主をほめよ。
そのすべての恵みを心にとめよ」。

              (詩篇103・11)

「望みも消え行くまでに 世の嵐に悩むとき
 数えてみよ主の恵み 汝が心は安きを得ん」。

              (新聖歌172)

主の恵みは数えがたい。そして、それら一切の恵みの源泉は、十字架、復活、昇天、そして大権の右に即位された栄光の主にある。そして彼こそ常にタイムリーな助けとなってくださる恵みの み座である。

これさえ見ておれば、信仰生涯に行きづまりはない。
これさえ開かれておるならば、いかなる時にも天与の祝福は途絶えることはない。ハレルヤ!

人間は強さだけでは円満な成熟を遂げていくことはできない。どこかで、その行き詰まりを感じなくてはならない。自分の弱さや無力さを感じさせてくれるのが35歳から40代であり、ライフサイクルで言えば、まさに太陽が中天に昇ろうとしている夏から晩夏に向かう過渡期である。

今改めて私もまたそうであったと振り返る。そして、年齢を重ねれば重ねるほど自分の弱さがわかる。人間の限界と無力さを。

しかし行き詰まることは良いことだ。なぜならば行き詰まりこそが良き道への突破口となるからだ。

にもかかわらず、行き詰まっているのに他者や周囲にのみ目を向け続ける人間の頑なさ。自分の弱さの内的体験を通じてこそ他者との真の関係を打ち立てることができ、そこに神と真に出会う道がある。

言葉ではうまく表現できないが、私は今、常に神を感じている。これまでの体験から一つの実を心の中に結ばせようとしてくださっているような気がする。

leaf3b.gif

「ブルンナー読書会」も半年ぶりに再開の見通しがつき日程を調整中。
イソヒヨドリ。
先週末、京セラドームに行く途中にも見つけて写真を撮っていた。


posted by 優子 at 22:28| 我が心の旅路 | 更新情報をチェックする