2017年02月20日

ユキ幼児期のお祈りビデオ ―不真面目なお祈りにびっくり!―

このビデオ(40秒)は、2歳10か月のユキが屋外で食前のお祈りをするところだ。
本人は何を言おうとしているのか、何を言っているのかもわからなくなったのだろう、ついに口をモグモグさせてごまかししまったのにはびっくり仰天。幼児でもこんなことができるのだ。

ユキ おかえり!A.jpgあの小さかったユキがこんなに大きくなった。これは今日のユキ。あと1か月で3年生も終わる。そんな今を記録しておいてあげたい。

かつて真智子も作ってくれたサービス券を、ユキも私に作ってくれる。「肩たたき券」と「背中かき券」だ。

IMG_2415.jpg
ルレットが引かれて切り取り線になっている。
「ルレット坊や」らしい。

ここだけ痒い.jpgところで背中掻き券というのは、20歳前後の頃からだと思うが、私は冬になると1日1回ほど右肩甲骨のところ(1センチ四方ほど)が痒くなる。

2年前に右肩腱板が断裂してから、たった数秒の事でも痛くて手が届かない。ユキに掻いてもらうので私の要望を察知して発券してくれた。 ユキが居ない時は左手でハサミの先を上にして持って掻いている。

ちなみにこれが真智子が作ってくれたサービス券。

IMG_2572.jpg
大きくなってからもらった「チーズケーキ焼き券」もまだ使っていないで持っている。

昨日の午後、私は久々に知子とユキの3人で散歩に出た。その日最高気温は11度だったが、陽ざしは春の陽ざしで室内は25度にもなった。

IMG_2514.jpg
(Yuki by photo.)
二上山の後ろに見える金剛山はうっすら雪化粧していた。

スズメ.jpg

まるで縁側でうとうとしている老人のように、スズメたちも気持ちよさそうにくつろいでいた。(Yuki by photo.)

今日は雨でも17.6度と暖かくなり「春一番」が吹いた。しかし既に冷え初めており、今夜から再び寒くなるそうだ。

最後に最近特筆すべきユキの駄洒落ブームをご披露したい。特に今年に入ってからダジャレ(おやじギャグ)ばかり言って笑わせてくれる。例えば、
「サンダルではさんだる(挟む)」
「とりとりたい(鳥 とりたい)」
「アルミ缶にあるミカン」
「レモンのいれもん」
「ラクダはらくだ」
というようなぐあいで際限なく言ってくる。

「カッターを店でかったー。けど、このカッターかったー、けど、遊んだら面白かったー、けど、怖かったー・・・」
と、尽きない駄洒落まだまだ続く。

しかも1年生からやっていたそうだ。これは算数の時間のこと。
先生が「池にコイが48匹います。金魚は36匹います。違いは何匹ですか?」という問題を出されると、こんなダジャレが浮かんだという。

「こいこいや」(鯉 来いや!)
「こいのこいん」(鯉のコイン)


今日は「せんかい はよせんかい」(旋回 はよ せんかい:早く「しなさい」の品の無い言葉)と帰宅早々言っていた。毎日のように夕食を作りながら駄洒落を作るように求められるが難しくて出てこない。

大変! もうこんな時間になってしまった。
さてさて大急ぎで夕食を作らねば。

posted by 優子 at 18:20| 知子(ユキの成長) | 更新情報をチェックする