2017年03月16日

見よ、冬は過ぎ、花は地にあらわれ、鳥のさえずる時がきた

昨日、アメリカの北東部は季節外れの大雪のため非常事態で、ニューヨークでは公立校は休校になり国連は閉鎖と報じていた。ワシントンでのトランプ大統領とメルケル首相との会談も延期されたというから、IMFも閉鎖になって真智たちも自宅勤務になっているのではないかと思う。

そういえば、次女夫婦がニューヨークに居た11〜12日は大丈夫だったのだろうか。次女の大学時代の友人が旅行でニューヨークに来るというので1泊2日で出かけていた。旧友との再会はとても楽しくリフレッシュできたと嬉しい短信が届いた。

私は今日、鶯の初鳴きを聞いた。「ホー、ホヘ」と、初鳴きとも言えない声だったが、あれは確かに鶯の声だった。この週末は暖かくなるとのこと、散歩しながら聖書の一句が唇に出た。

       「見よ、冬は過ぎ、
        雨もやんで、すでに去り、
        もろもろの花は地にあらわれ、
        鳥のさえずる時がきた。
        山ばとの声がわれわれの地に聞える」。
            
                 (雅歌2章11・12節)

ミネソタよりもはるかに暖かいワシントンだが関西よりもかなり気温が低い。しかし、毎年ワシントンの方が春は早いように感じる。2月末の散歩でワシントンの春を見つけて送ってくれていた。

まちも春を見つけた@.jpg
これは梅の花?・・・ではないよね・・・

Cまちも春を見つけた.jpg
これはクロッカスかな・・・
このほかネモフィラやクローバー(?)を送ってくれていた。

       
2017.3.16 オカメ桜.jpgでは日本からも身近な春を贈りたい。おかめ桜のことを思い出して、今日は5日ぶりに散歩に出た。
やっぱり満開になっていたが、全体を撮りたくても夕方なので影絵のような暗い写真になってしまうので断念した。
おかめ桜はカンヒザクラなので花は下を向いて咲く。
おかめ桜の開花が春の始まりを教えてくれる。そして、昨年からチャッピーを思い出す季節でもある。


散歩道で@.jpg

↑ これはキョン(2006年2月に死んだ利口な犬)の家の梅の木。↓
「キョン、チャッピーも死んでしまったよ」
もうかなり前からキョンの残像を思い出すこともない。

散歩道でA.jpg

散歩道でB.jpg

秋の金木犀のようにあちこちで甘い沈丁花の香りがする。
散歩道でC.jpg

ユキの手法で撮ってみた。
アップで!.jpg
でも心に迫ってこない。
ただクローズアップすればよいというものではない。

これは白い沈丁花。
白の沈丁花.jpg

そして、お向かいさんちの花。
これぞ目覚めの花!
冬眠から目覚めさせてくれるような鮮やかさだ。

お向かいさんの.jpg

IMG_2872.jpg

「神のなさることは、すべて時にかなって美しい」。

我が家の花はクロッカスだけ.jpg
我が家に咲いている花は、このクロッカスだけ。
しかも毎年咲くわけではない。本当の色は紫だ。 

これは昨日の18時前の夕日に映える二上山(雄岳)。
2017.3.15 17時57分.jpg

西の空を見ると日が沈むところだった。
こんなに強烈な夕日だったのに今日は数時間の晴れ間だった。
2017.3.15 17時58分.jpg

【関連する記事】
posted by 優子 at 22:10| 真智子(ワシントン便り) | 更新情報をチェックする