2017年03月20日

ニューヨークで旧友とのカイロスの時

先週の14日(火)、アメリカ北東部が大雪に見舞われた日、IMFも休みになったが連絡が遅かったために、次女夫婦は行ってしまってお昼過ぎに帰宅したそうだ。ご苦労さま!

その2日前の11日(土)、マチ・クマはマチの大学時代の友人と5年ぶりにニューヨークで再会した。マチ・クマにとっては2度目のニューヨークだったと思う。

S君の計画力&行動力のおかげで、半日のニューヨーク観光もいろんなところに行けて、マチたちが行ったことがなかったところを一緒に回ってくれたという。

Top of the Rock.jpg「近代美術館(ゴッホ、セザンヌ、ピカソなどもあったよ)、自然史博物館(プラネタリウム、恐竜の化石など)、トップ・オブ・ザ・ロック展望台からの夜景。
後ろにライトアップして見えるのはエンパイアステートビルよ。」


12日は2人でセントラルパークに行き、映画「クレイマークレイマー」に出てきた場所をたまたま見つけることができたと嬉しそう。リスも鳥もいっぱいいたって!

CentralPark 1.jpg
この翌日ぐらいから大雪になったんやね。

CentralPark 2.jpgセントラルパークのリス。かわいいね。
ミネソタに行った時、家の前の庭にリスがいたのに驚いた。ミネソタ州の愛称が "Gopher State(ジリスの州)"だからリスがいるのだと思っていたが、ワシントンにも身近にいたからセントラルパークにいるのは容易に頷ける。

DSC05733.jpg
2013年6月、ユキ、ワシントンの公園で。

都会にもリスがすぐそばにいるアメリカだから、 " United State of Gopher America "と名づけるといいかもね。 

「旧友と話して、人生のステージが変わるなかで色々感じたり、
 なんとなく同じと思っていたクラスメートも
 それぞれ違う人生を生きているんだと感じたり、
 年を重ねるのも幸せなことなのかも、って思いました。
 私も私の人生を生きようと思いました」。


真智は大学時代の友とカイロスの時を過ごした。毎日平凡に「事なかれ主義」で生きている人にはカイロス体験は起こらず、目覚めている人にのみ起こる瞬間だ。

ギリシャ語で書かれている新約聖書、「マルコ伝」1章15節の、「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ。」で用いられている「時」は " καιρός " (カイロス)である。

イエスの到来によってカイロスの時となり、カイロスは永遠を輝かせるものである。神さまが祝してくださった友との楽しかった時も真智の人生を深めていくことだろう。

H.jpg今日は19度まで上がり、ようやく空気が和らいだ。
池の周りの桜の蕾はまだまだ小さいが、こんなに蕾を膨らませている木もあった。今年もまもなく春が開く。

G.jpg


2013_3_26.jpgついでにこれは2013年3月26日。
薄手の防寒着は4年も前から着ている。
よほど大きいサイズを着せていたんやね。

チャッピーがいるね。
このあと2年8ヶ月一緒だったんやね。

【関連する記事】
posted by 優子 at 19:16| 真智子(ワシントン便り) | 更新情報をチェックする