2017年03月26日

家の教会2017K ―最も大切な戒め―

「家の教会」を始めてちょうど1年になる。今朝47回目の礼拝を重ねることができたのは、神さまの深い憐みとお支えであると強く感じる。
2017年3月26日(日) (2017第12回 家の教会)
10時10分〜10時55分
出席者 4名
@ 前奏    Sarabande (Handel)
A お祈り    優子
B 主の祈り
C 讃美歌    461番 「主われを愛す」
D 聖書輪読   マルコによる福音書 12章28節〜34節
E お話     優子
F お祈り    一人ずつ
G 讃美歌    第2編196番 「救い主は待っておられる」
               (このビデオの1分27秒より)

マルコによる福音書12章28節〜34節:
IMG_3144.jpg12:28 ひとりの律法学者がきて、彼らが互いに論じ合っているのを聞き、またイエスが巧みに答えられたのを認めて、イエスに質問した、「すべてのいましめの中で、どれが第一のものですか」。
12:29 イエスは答えられた、「第一のいましめはこれである、『イスラエルよ、聞け。主なるわたしたちの神は、ただひとりの主である。
12:30 心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。
12:31 第二はこれである、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。これより大事ないましめは、ほかにない」。
12:32 そこで、この律法学者はイエスに言った、「先生、仰せのとおりです、『神はひとりであって、そのほかに神はない』と言われたのは、ほんとうです。
12:33 また『心をつくし、知恵をつくし、力をつくして神を愛し、また自分を愛するように隣り人を愛する』ということは、すべての燔祭や犠牲よりも、はるかに大事なことです」。
12:34 イエスは、彼が適切な答をしたのを見て言われた、「あなたは神の国から遠くない」。それから後は、イエスにあえて問う者はなかった。

お話:
IMG_3141.jpg私たちは今、受難節(イースターまでの46日間)を過ごしています。今日は受難節第4主日ですから、このあと3回目の日曜日が今年のイースターです。

イエスさまはエルサレムに入られてから神殿の境内で宗教指導者たちと論争をされました。イエスさまが十字架上で苦しみを受けられる前の最後の1週間にも多くのお話をされました。

枯れたイチジクの木、ぶどう園の農夫の譬え、やもめの献金、タラントの譬えなど、このほかにも「家の教会」でもいくつか取り上げています。今日の個所も受難直前にお話しされたことです。

磔刑される3日前の火曜日は「論争の火曜日」と呼ばれています。マルコ伝では11章20節から13章までが火曜日の出来事です。

律法学者、パリサイ派、サドカイ派などが、何とかしてイエスさまを訴える口実を見つけるために言葉巧みに陥れるための質問をしてきました。しかし、イエスさまは彼らの罠にはまることなく丁寧に答えて全て論破されました。

そんな律法学者の一人がイエスさまをジッと見つめて尊敬の念を感じたのでしょう。彼はイエスさまに敵対心を持たないで素直な気持ちで尋ねました。

「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」。
即ち、613もある律法の中で何が一番大切なのですかと聞いたのです。

するとイエスさまは、「主なるあなたの神を愛し、自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ」と言われました。律法学者は同意して、「それらのことはすべての燔祭や犠牲よりも、はるかに大事なことです」と答えました。

この律法学者は今までの律法学者たちと違って正当な受け答えをしたので、イエスさまは「あなたは、神の国から遠くない」とお褒めになりました。もう神の国のすぐ近くまで来ているということですね。

彼がイエスさまの言われたことを理解できたことは素晴らしいことです。しかしイエスさまは「神の国に到達している」とは仰いませんでした。そのことを知的に理解しても神の国に到達するには深い溝のような狭き門があるからです。

私たちが神さまを愛しているならば神さまが喜ばれることをしよう、神さまが仰る通り隣人を愛し、隣人が喜ぶことをしようと思います。

しかし、それはとても難しいことです。それを完全にできる人はどこにもいません。私たちは心の深くでしっかり神さまの教えを憶えていても、それを実践するのは難しく、何度も自らの姿にガッカリし神さまを失望させることが多いです。

でも思うのです、それが神と共に生かされている証しではないかと。神さまが喜ばれるような人間になりたいと願いつつもできないことを嘆くのは、神さまの光を受けているから気づかされるのであります。

そんな自己的で愛のない自分だからこそ救われる必要があり、救いを求めて神の恵みによって救われるのです。


律法学者は知的には理解できましたが、それで満足して終わってしまったのでしょうか。そこからいよいよ自らの真の姿と対峙していく時に真理への道が開かれていくのです。

燔祭の儀式や犠牲が大切ではなく、また苦行や修行で立派な人間になることができると考えるのは大いなる的外れであり、人間の努力では決して得ることはできないのです。

パリサイ人のパン種は偽善であり、ヘロデのパン種は世俗主義、サドカイ人のパン種は快楽主義、イエスさまはこれらを警戒せよと言われたのです。

IMG_3150.jpgイエス・キリストは、神を愛することも隣人を愛することもできない罪深い私たちをこよなく愛してくださり、私やあなたの身代わりになって十字架にかかって罪を贖ってくださいました。

このイエスさまにこそ罪をゆるす権威があり、そのことを認め受け入れた人に罪の赦しが現実となるのです。


私たち家族もまた、イエス・キリストの贖罪によって神の国に至る深い溝の橋渡しをしていただいて、断絶していた神さまとの交わりが与えられました。これはただただ神さまからの一方的な憐みによって罪赦されて救われたのです。

救いに入れられた私たちは今一度そのことを深く心に留めて、日々刻々悔い改め、主イエスにふさわしい者に変えられていきたいと切に願います。今週もイエスさまと共に明るく生きて行きましょう!
 
IMG_3146.jpgこのあと市会議員選挙の投票に出かけた。

2月より報道されている学校法人「森友学園」の籠池泰典氏が23日の証人喚問で、国有地売買関連問題は混迷の度合いを増すばかり。安倍首相は自縄自縛状態か? 人間の実相を考えさせられる日々である。

posted by 優子 at 16:07| 家の教会 | 更新情報をチェックする