2017年04月16日

家の教会2017N ―イエスの復活―

IMG_3955-thumbnail2.jpg昨朝、脳死の赤ちゃんが「昨夜7時に亡くなった」との連絡が入った。午後はイスラム教式で埋葬するので午前中ならば在宅しているという短い知らせだった。

この日は大津教会でクリスチャン・ペンクラブの集いがあり、会計報告と編集に関して連絡事項と多くの検討を抱えていたので休むことができず、関係者に遅刻する可能性ありを連絡して知子と共にご自宅に馳せ参じた。

ご遺体の前で、そのお母さんに寄り添い、許しをえて声を出して神に祈らせていただいた。まもなくお母さんとRちゃんの泣く声が聞こえた。お祈りのあとRちゃんを抱きしめて長い間泣いていた。3年生までずっとユキとクラスも同じ、まだ9歳の女の子だ。

まもなく伴侶が役所から帰ってこられた。日本では死亡後24時間経たないと埋葬できないので翌日の午後になると動揺しておられた。

どのような言葉でもって慰めることができようか。
私はただ " I have deepest sympathy." としか言えなかった。

我が子の不条理な死という悲しみと苦しみだけではなく、それに加えて私と知子が経験している積年の苦悩の、その究極にある女性とご家族である。ただただ神のご加護を祈るばかりである。

今頃、埋葬されたところだろう。

知子は信仰によって夜が明けるのを心待ちにし、朝早くからイースター愛餐会の準備を整えてくれていた。知子と私は今年のイースターほど神の真実を深く感じたことはない。

今朝はRちゃんご家族のことを憶えつつイースター礼拝を捧げた。

2017年4月16日(日) (2017第15回 家の教会)
10時5分〜10時55分
出席者 4名
@ 前奏
A 主の祈り
B 讃美歌(21) 575番 「球根の中には」
C 聖書輪読 マタイによる福音書28章全章
D お話   優子
E お祈り  一人ずつ(T)
E 聖歌 172番 「墓の中に」
F 後奏

マタイによる福音書28章全章:
28:1 さて、安息日が終って、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、墓を見にきた。
28:2 すると、大きな地震が起った。それは主の使いが天から下って、そこにきて石をわきへころがし、その上にすわったからである。
28:3 その姿はいなずまのように輝き、その衣は雪のように真白であった。
28:4 見張りをしていた人たちは、恐ろしさの余り震えあがって、死人のようになった。
28:5 この御使いは女たちにむかって言った、「恐れることはない。あなたがたが十字架におかかりになったイエスを捜していることは、わたしにわかっているが、
28:6 もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのである。さあ、イエスが納められていた場所をごらんなさい。
28:7 そして、急いで行って、弟子たちにこう伝えなさい、『イエスは死人の中からよみがえられた。見よ、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。そこでお会いできるであろう』。あなたがたに、これだけ言っておく」。
28:8 そこで女たちは恐れながらも大喜びで、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。
28:9 すると、イエスは彼らに出会って、「平安あれ」と言われたので、彼らは近寄りイエスのみ足をいだいて拝した。
28:10 そのとき、イエスは彼らに言われた、「恐れることはない。行って兄弟たちに、ガリラヤに行け、そこでわたしに会えるであろう、と告げなさい」。

28:11 女たちが行っている間に、番人のうちのある人々が都に帰って、いっさいの出来事を祭司長たちに話した。
28:12 祭司長たちは長老たちと集まって協議をこらし、兵卒たちにたくさんの金を与えて言った、
28:13 「『弟子たちが夜中にきて、われわれの寝ている間に彼を盗んだ』と言え。
28:14 万一このことが総督の耳にはいっても、われわれが総督に説いて、あなたがたに迷惑が掛からないようにしよう」。
28:15 そこで、彼らは金を受け取って、教えられたとおりにした。そしてこの話は、今日に至るまでユダヤ人の間にひろまっている。

28:16 さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行って、イエスが彼らに行くように命じられた山に登った。
28:17 そして、イエスに会って拝した。しかし、疑う者もいた。
28:18 イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。
28:19 それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、
28:20 あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」。

お話:
安息日である土曜日が終わって日曜日の明け方のことです。ユダヤ人の律法では土曜日が安息日(金曜日の日没から土曜日の日没まで)でした。

今朝は先週の続きでマタイが書き残した箇所を読みましたが、マルコはマタイよりも詳しく記しています。

「さて、安息日が終ったので、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとが、行ってイエスに塗るために、香料を買い求めた。そして週の初めの日に、早朝、日の出のころ墓に行った。そして、彼らは『だれが、わたしたちのために、墓の入口から石をころがしてくれるのでしょうか』と話し合っていた。」
         (マルコによる福音書16章1節〜3節)

ここに登場するサロメとは、洗礼者ヨハネの首を求めた人物(ヘロディアの娘)ではなくイエスの弟子です。サロメと言えばバプテスマのヨハネの首を求めた人を思い浮かべますが、それは「ヘロディアの娘」と呼ばれているサロメであり、ここにでてくるサロメは別の人物で、イエスの母マリアの姉妹である「クロパの妻マリア」(マリア・サロメ)と同一人物と言われているようです。

墓の入り口に大きな石が置いてあります。これは死者と生者の世界を分け、もはやどんなに嘆いても交わることができないという象徴的なものですね。

この石を動かすことができなければイエスさまの御遺体に香料を塗ることもできません。でもとにかく行ったのです。行かずにはおられなかったのです。

すると地震が起こって天の使いにより大きな石を転がされ、恐る恐る墓の中に入って行くと白い長い衣を着た若者が座っていたと言いますから凍りつくほどびっくりしました。
実際「見張りをしていた人たちは、恐ろしさの余り震えあがって、死人のようになった。」と書いてありますね。

しかし「恐れながらも大喜びで、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。」とあります。私は「恐れながらも大喜びで」という言葉に引き付けられました。 

見張りをしていた番兵たちはただただ恐怖だけでした。しかし、イエスを信じる者にとっての恐怖は直ちに喜びに変わったのです。試練や苦悩なくしてクリスチャンはありえません。

私たちは人生の途上で何度も呻く苦悩を経験します。理屈に合わないことばかりで「どうしてですか?! いつまで忍耐すればいいのですか?!」と苦難に耐えかねて何度も呻きます。

私はクリスチャン生涯に入れられて今年で30年になりますが、信仰生活の初めの頃は「神は物事すべてを良きものにしたもう。神は愛にして愛なるお方」と知ってはいても、小さな慰めは感じ得てもよく分からなかった。実感できませんでした。

ようやく10年あまり過ぎてからわかる者とされました。
そこに至るまでの苦しみは恵みへの必然の道であり、それらのことを通されながら神さまは確かに深みへと導かれてきたことがわかります。呻きから恵みへとセットされていたのです。

墓に馳せ参じた彼女たちの根底にイエスさまへの信頼があったと思います。最初は驚きと恐れでいっぱいでしたが、次の瞬間、恐れながらも大きな喜びが来たのです。

私たちの信仰生涯においても主の御心の時(神の時)に思いもしない出来事があり、まさに神の絶妙なる時に絶妙なる出来事があり驚きに震える時があります。

その出来事を通して「優子よ、わたし(イエス)だ。わたしはいつも共にいる。全てを知っているぞ」と、神の臨在を知らせてくださいます。

墓に急いだ女性たちは半信半疑ではあったかもしれないけれど、主は復活されるということを確信していたのです。その時は半信半疑ではあったとしても、復活されるという信仰をもっていたのです!


私たちの日々も尽きぬ試練との闘いで無我夢中の日々ですが、彼女たちのように信仰を持って「走るべき行程」を最後まで走り抜きたいと思います。神の家族(信仰の友)と共に互いに励まし合いながら。

IMG_4008.jpg自然界を見ていますと不思議でなりません。
自然界を創られた神はその中に死者の復活をも暗示しておられるように思います。


この「キリストは、すべて信じる者に義を得させるために、律法の終りとなられたのである」。(ロマ書10章4節)

主イエス・キリストが復活されたことより土曜安息日は廃止され、復活された日曜日を「主の日(聖日)」と定められました。ハレルヤ!

「もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で最もあわれむべき存在となる」。
    (コリント人への第一の手紙 15章19節)

カール・バルトは言っています。
「聖書は信じた時に神の言葉になる」。

「イエスさま、ユキはおなかがすいたのでお話の聴き方があまりちゃんとできなかったけれど、イエスさまが復活されたことがわかりました。
イエスさま、復活してくださってありがとうございます。おめでとうございます。イエスさまが復活されたので、ユキの家も今からパーティーみたいなものをします・・・」。

e_logo1b.gif

★聖歌172番「墓の中に」歌詞:

1.墓の中に いと低く
  葬られたり ああ我が主
 (くり返し)
  黄泉(よみ)より帰り 死と悪魔に勝ちし
  君こそ勝利の主なれ 君こそまことの主なれ
  ほめよイエスを  我らの神を

2.番し続けし  兵の努力
  虚しかりき  ああ我が主
  (くり返し)
3.封印固き  門(かど)破り
  出でたまえし  ああ我が主
(くり返し)


英語版はここをクリックしてください。

★讃美歌(21) 575番「球根の中には」
 
     1 球根の中には 花が秘められ、
       さなぎの中から いのちはばたく。
       寒い冬の中 春はめざめる。
       その日、その時を、ただ神が知る。

     2 沈黙はやがて 歌に変えられ、
       深い闇の中 夜明け近づく。
       過ぎ去った時が 未来を拓く。
       その日、その時を、ただ神が知る。

     3 いのちの終わりは いのちの始め。
       おそれは信仰に、死は復活に、
       ついに変えられる 永遠の朝。
       その日、その時を、ただ神が知る。


posted by 優子 at 14:34| 家の教会 | 更新情報をチェックする