2018年03月30日

春の飛鳥へ

3-30-1.jpg今朝、近隣の親友Nさんから急きょお誘いを受けて飛鳥(明日香)へ花見に出た。約束していた友人が急きょ行けなくなったという。今日は週に一度の2階の掃除日だが躊躇しないでユキと一緒に外出した。
3-30-2.jpg最初に「高田(大和高田)の千本桜」を端から端までUターンして見せてくださり、中和幹線に戻って目的地まで1時間弱。おしゃべりしながら、折々にガイドも入り家族で行くよりも楽しいかも。

「この時期は桜が主張しているから遠くからでも桜だとわかるけれど、葉が出てくるとわからなくなるね」。

今日も興味深くNさんの言葉に耳を傾けた。それが楽しみでもある。私は物知りのNさんから耳学問でいろんなことを教わってきた。

Nさんは関西の人ではなく故郷は長野県。南アルプスと中央アルプスが見える天竜川に沿う伊那盆地で、豊かな自然の中で育った方だから話は耳新しく聞き書きしたいと思うほどだ。
特に私は自然界の驚異に目が開かれてきたのが60歳頃からだから話にならないが、古びた脳でも感動することしきり。

「雷(いかづち)」という珍しい地名の交差点は、私もこれまでに通ったはず。
「コンビニも飛鳥(明日香)の町に溶け込むように屋根は瓦造り、南都銀行も奈良風になってるね」とNさんのガイドは素晴らしい。

3-30-3.jpg
石舞台:古墳時代後期の古墳だ。

3-30-4.jpg

なんてのどかなんだろう。
心の緊張がとれていくのがわかった。

3-30-5.jpg


3-30-6.jpg
枝垂れ桜(Photo by Yuki.)

3-30-7.jpg
再びこちらへ戻って休憩。
ユキはソフトクリームを食べたあと、帰宅前に公園で遊ぼうと持参していたサッカーボールで後ろのグリーンで遊んでいた。私はその姿を写すどころか見ることも忘れて、少々肌寒さを感じながらNさんとクリーム入りのアイスコーヒーを飲みながら喋りっぱなし。

そしてUターン。
帰りの車窓から撮った「箒桃(ほうきもも)」
3-30-8.jpg

途中で昼食を済ませて、
はや二上山(右が雄岳、左が雌岳)が見えた。
3-30-9.jpg

これは梨の花だって!
3-30-10.jpg
梨の花
3-30-11.jpg



近くの池の周りも花見のドライブして自宅前でサヨナラした。ユキはそのまま公園で降ろしていただいた。

義母の用事までまだ1時間ある。私は大急ぎでカメラを持って強歩で再び池へ。

3-30-15.jpg


3-30-16.5.jpg


3-30-16.jpg


3-30-17.jpg


3-30-18.jpg


3-30-19.jpg


3-30-21.jpg

桜の花びらが落ちている。

3-30-22.jpg
アスファルトの隙間から芽を出すノスミレ。
植えられた花よりよほど美しい。

あんなに美しかったハクモクレンも花の時を終えた。
3-30-23.jpg
A Magnolia is a Magnolia is a Magnolia.
モクレンはモクレンであるところのモクレンである。
花の時も、花の盛りが終って美しさがなくなってもモクレンである。

6日前はこんなに美しかったのに。でも忘れない。
24-7.jpg


3-30-24.jpg


29-12.jpg
柴桜。

竹の葉が黄ばんでくる「竹秋」
3-30-25.jpg


3-30-26.jpg

↓ 1週間前は一つ咲いたばかりだった。
23-29.jpg


3-30-28.jpg
紫モクレン

3-30-30.jpg


3-30-31.jpg


3-30-32.jpg


3-30-33.jpg
ハナモモ

3-30-35.jpg
これはピンクのモクレンかな。
私は花言葉には全く関心がないが、
モクレンの花言葉は「自然への愛、崇高、持続性」だという。
その言葉にふさわしい姿だと思う。

3-30-36.jpg


3-30-38.jpg
公園の桜も満開! そして、花散る頃。

     3-30-39.jpg  3-30-40.jpg
               ユキはずっと遊んでいた。

B29夕方.jpg昨日は2歳年上のふたりと3人だけで遊んでいたので声をかけて帰宅させた。


最後に今春覚えた「海棠(かいどう)桜」。
3-30-42.jpg


3-30-43.jpg
春は美しい、まさに復活の春!

洗濯物を入れながら時計を覗いた。
午後2時45分、
「イエスさまはまもなく息絶えられる」とつぶやいた。

「イエスのヴィア・ドロローサは、十字架の死と復活につながりました。自分の罪がイエスの贖いによって赦されると信じるなら、私たちは聖なる者にしていただき、神の臨在に入ることができます。律法を守れない不完全な者であっても、神が受け入れてくださり、愛し慈しんでくださると確信して、安心してみそばに近づけます」。『デイリーブレッド』より

終わり29.jpg

朝晩と昼の表情。

3-30-47.jpg
posted by 優子 at 21:44| 随想 | 更新情報をチェックする