2018年04月27日

朝鮮半島南北首脳が境界線を超えた!

今日は歴史的な一日と朝から報道番組を見ていた。
分断の象徴である軍事境界線を徒歩で超えて韓国領内へ入った金正恩氏。次に金正恩氏の声かけに応えて文在寅大統領が向きを変えて北朝鮮へ入った。正恩氏から手をつなぐ所作が見えた。手をつないで笑顔で話しながら境界線を越えて北朝鮮に入る二人の姿に強く胸を打たれた。

この時、36か国のメディアが集まっているプレスセンターで大きな歓声が上がったという。みんな誰だって平和を望んでいるのだ!

70年間も分断されてしまった不幸な歴史、これを機に分断された民族が統一されますように!
そもそも大韓帝国として存立していた朝鮮半島を日本軍が侵略したことに始まる。第2次世界大戦で敗戦した日本は撤退。そのあとにソ連とアメリカが半島を統治しようと乗り出して分断に至った。日本人はそのことを意識しているのだろうか。心が痛む。

分断後の北朝鮮の内政により国民の悲惨さは増し加わった。金正恩氏を見ていると父から子へと受け継がれた悪を忘れさせる表情だった。
しかし、韓国の人々、また北朝鮮や世界中の人々が彼をゆるしても神さまはゆるされない。しかしまた、全世界の人々が彼をゆるさなくても彼が悔い改めるならば神さまはゆるしてくださると、心の中で彼に語りながら見ていた。金正恩氏の悔い改めと南北平和への導きを祈るばかりである。
4-22-6.jpg

金正恩氏は言った。
「ここにたどり着くまで11年かかった。(軍事境界線は)簡単に超えられた」と。

多くの評論家は金正恩氏の本意ではないという。誰にも本心はわからない。しかし私は祈る、パンムンジョム(板門店)が平和の象徴となりますように、神の憐れみを切に祈る。そして、拉致された人々がすぐにでも母国に帰ってくることができますように。ご両親が命あるうちにと祈る。

「完全な非核化を通じて核なき朝鮮半島を実現する!!!」
決して過去に戻ることはないと!!!
私はパンムンジョム共同宣言を喜ぶ。
【関連する記事】
posted by 優子 at 18:07| 社会的なこと | 更新情報をチェックする