2018年05月13日

「近くに住んでいたらすぐに会いに行けるのにね」

IMG_3856.jpg
ママ
母の日のメッセージはいいよ、とママは言ってたけど、やっぱり送りたくなって、メールしています。

ママ、ママでいてくれてありがとう。
私のこと、いつも想ってくれてありがとう。

いつも心のどこかで、
「私も母になって・・・」と照れる日がくることや、
母になったからこそ見える景色や感謝をママと話すのを夢みてて、
母の日がくる度に、
いつもどこかで
そうなれてないことが悲しかったり、
ママも残念だろうな、って思ったり。

IMG_3847.jpgでも今日は、
その悲しみもあるけど、
そう思えるママが与えられてること、
感謝したいと思いました。

ママ、ありがとう。
神様、ありがとう。

どんなところを通ろうとも、主はママと一緒。
近くに住んでたら、ちょっと会いに行ったり
ちょっと外に食べに行ったりできるのにね。

真智子

IMG_3857.jpg
真智、小学2年生だった?
優子お義母さん
先日はお電話でお話しできて嬉しかったです。
近くに住んでいたらすぐに会いに行けるのにね、と真智とよく話しています。
IMG_6820.jpg優子お義母さんからいただいた多くのものに触れるたびに、
優子お義母さんの優しさを感じています。
いつも真智と共に優子お義母さんのことを想ってお祈りしています。
優子お義母さんが心から接してくださること、いつもとても感謝しています。

太志

ありがとう。
ワシントンD.C.と日本ではあまりにも遠いね。
IMFは4月が年度終わりだからと、ずっと多忙だった2人。もう何年も前から1年中忙しくしている。私は邪魔しないように1〜2ヶ月メールを交信しない時もある。

5-11-5.jpg今日は土砂降りの雨だったけれど、二日前の晴天の日にアジサイの葉っぱにいくつもデンデンムシがいた。こんなに小さな生き物も梅雨が近いのがわかるんやね。みんな頑張って生きているね。

「わたしは彼らに一つの心を与える。すなわちわたしはあなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしは彼らのからだから石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。(エゼキエル11:19)

「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。(へブル12:2)
祈りの友から贈られたみ言葉です。
私たちの心にも頑なな石の心があるならば取り除いて肉の心をくださるように。そして、私はイエスさまから目を離さないように。

IMG_0547.jpg
オオバンは1年中日本にいるみたい。
posted by 優子 at 21:59| 真智子(ワシントン便り) | 更新情報をチェックする