2018年06月18日

大阪で大地震 人の在りようさまざま

今朝午前7時58分頃、大阪府北部震源のマグニチュード6.1の地震が起こった。高槻や茨木では震度6弱、当地は5弱だった。

その時私は最近では珍しくパソコンを開いていた。急に「ドーン」と下から突き上げられ震え上がった。阪神大震災を同じだ。すぐそばのテーブルの下に逃げようとしても怖くて動けず、部屋の中を直視しながら治まるのを待った。

ユキまだは学校についていない。登校中だ。大事ないことを信じた。

動悸が治まらない中、隣家の義母の所へ走った。鍵がなかなか開かずにガチャガチャしてようやく空いた。
「よかった! 怖かったね、お義母さん、大丈夫?」と抱きしめた。義母は落ち着いていたが、安心するまでしばらく傍にいて3〜4回抱きしめた。いつも決して「ありがとう」と言わない義母が、今日は「どーも」ではなく、3度ほど「ありがとう」と言っていた。

自宅に戻ってすぐに夫に義母の無事を伝え、「義妹さんも心配しているだろうから伝えてやるように」と電話した。隣へ行っている間に夫もこちらへ電話してくれていたそうだ。

この辺りで初めてテレビをつけたのだと思う。この時は鉄道の運行状況ばかりで被害情報は届いていなかった。

そして神戸の叔母に電話した。声がプツプツ切れて内容が何とかわかる程度だった。続いて町内会の同じ班の独居の方に電話したり、自治会役員さんからも電話が入った。

パソコンが開いたままだったことに気づき、次女夫婦に短くメールして閉じた。そしてようやく9時半頃(?)だったと思うが通勤中の知子に電話した。出発して二つ目の駅に着いた瞬間に地震が起こり、その後まもなく着いた乗り換えるはずの急行は駅員さんがドアをこじ開けていたという。

知子は常に帰宅が遅く、先週は11時半近くにもなった。可能な限り朝だけでもユキと共に過ごして一足先に出るようにしている。知子はプラットホームでずっと立ち往生しているので心配しながら切った。

そして10時半過ぎに、ワシントンの次女夫婦から電話が入った。昨年、ワシントンから東京へ戻られた友人Aさんから大阪の地震の知らせを受け、私たちのことでお見舞いメールをいただいて知ったという。そしてパソコンを開いて私のメールで無事がわかって安堵した。

次女夫婦と45分間ぐらい話していたと思う。くれぐれもAさんによろしく「ありがとう」を伝えてねと切った。

電話を切るとまもなく東大阪の友からお見舞いの電話をいただいた。東大阪は当地と同じ状況なのにと感謝した。幸い友も無事だった。そして、叔母からようやく電話が通じたと「先っきはありがとう」と電話が入った。心が温かい。

11時頃再びパソコンを開けた。
関東のJCPの友からお見舞いのメールが入っていた。すぐに感謝の返信をした。知子からも9時半過ぎに小学校からの一斉メールを転送してくれていた。

件名 : 地震対応について

本日午前7時58分、大きな地震が発生しましたが、児童は全員安全に登校できました。校舎にも異常が見られませんでしたので、現在通常の授業を行っています。今後の余震に備えて、保護者の皆様には連絡が取れますよう対応のご準備をお願いいたします。

義妹からも8時台に「母のことが気になって」と問い合わせのメールが入っていた。しかし、良輔からの伝言を聞いていないのか、その後の応答がなくて気になって夫に確かめた。連絡はしていた。
私もいいかげんに慣れなくては!
感謝できることこそ感謝であり幸せなのだから!

近鉄や地下鉄がストップしているので、知子は東大阪へは向かわずに12時半頃帰宅した。午後3時過ぎに地下鉄中央線が開通し、JRも4時前に再開したので、これで社員の方々も帰宅できると安堵した。

IMG_7186.jpg高槻市立寿栄小学校4年生(9歳)の女の子が、倒れてきたブロックのプールの塀の下敷きになって亡くなった。悲しくて悲しくて涙が止まらず、親御さんのことを思うと耐えがたい。

また、子どもの見守りをしてくださっている方が亡くなられたり、神さまに人生の不条理を問いたくもあるが、ただただ神さまの慰めをお祈りするしかない。

18時45分追記:なかなか繋がらなかった兄(大阪市)とも、ようやく今連絡がとれた。縦揺れと横揺れだったと言っていたが私は恐怖でわからなかった。

私も友のようにイザという時のために、家にいる時も大切なものを携帯することにした。
私の場合は何よりも生活習慣病の薬、特に血圧の薬は手放せない。ユキが学校に行っている間はユキの見守り携帯電話も。私も携帯電話を持たねばならないと思う。健康保険証、クレジットカードと現金一万円、そして、USB。これらを小さなポシェットに入れて寝る時も傍に置くことにした。

ユキ(孫)は20・21日と野外活動で曽爾(そに)高原へ行くことになっている。明日から雨が降り始め20日は非常に強くなる予報だ。余震の心配もある。明日の時点での状況説明と安全について学校報を配布されることを願っているが。

朝の騒動から血圧が上がり、今も体調は治まらず頭が痛く血圧が150近くに上がったままだ。
【関連する記事】
posted by 優子 at 18:02| 社会的なこと | 更新情報をチェックする