2018年07月26日

Nさんの優しさに癒され、ユキと至福の時を楽しむ

7-26-0.jpg昨日の朝、「しんどかったらお医者さんへ連れて行ってあげるよ」と、Nさんが私の体調を心配して電話をくださった。血圧は相変わらずだったが気分は悪くなかった。
「じゃあ、何か買ってきてほしいものはない? 今から買い物に行くから買ってくるよ」。

友の優しさで心身ともに癒されていくようだった。そして懐かしい母を思い出させた。

友は買い物帰りに、「これは『飲む点滴』と言われているから」と冷たい甘酒を買って届けてくださった。ユキの好きなゼリーや栗かのこと共に。

7-26-1.jpg私を支えてくださっているクリスチャンの友や、Nさんの優しさに触れて今朝はかなり楽になっていた。
庭の草木に水をやっていると、ユキもジョウロに水を入れて水をやっていた。

すると「おばあちゃんもジョウロ持って?!」と言うので、「おばあちゃんは写してくれなくていいから」と言うと「水がきれいから水を撮りたい」と言われて恥ずかしかった。

そして、ユキはこう撮った!
7-26-2.jpg
すごい! 
ユキの美のセンスはすごいと思う。

これは私が撮ったユリの蕾。
7-26-3.jpg


7-26-11.jpg
「アリが密を運んでいくよ」


「真ん中が光のよう!」
7-26-12.jpg


「バッタはどこにいるでしょう」
7-26-9.jpg


「けっこう大きなバッタや」
7-26-10.jpg


7-26-13.jpg
こちらは今夏のベランダ。アサガオは2粒分だけ。
ミニトマトは生協で買った種から植えた。

4.24.jpg
いつ植えたのか覚えていないが、これは4月24日。

5月4日.jpg
これは5月4日。
ベランダで5本の苗を育て、あと3本は小さな植木鉢に。

6.10.jpg

↑ 6月10日にはこんなに成長し、
今では2メートルにもなっている。

6.10蕾.jpg

そして、完熟!
7-26-4.jpg

今朝がベランダの初収穫で、15粒摘んだ。
この前のと合わせて30個、総収穫数を数えたい。
7-26-6.jpg


7-26-5.jpg


7-26-7.jpg

ユキは掃除機をかけてくれ、その後リビングルームは図書館になった。ユキは夏休みの宿題に集中し、すっかりエジソンの世界も楽しんでいる。読書って楽しいよね、ページを開くと再び登場人物が動き出す。

そしてしばらく休憩して、歩いてランチに。一か所だけ私たちの穴場がある。西名阪自動車道路の小さなサービスエリアだ。もう何年も前の散歩中に、ユキとおじいさんが発見した所だ。そこで働く人たちが行き来できる所があり、地元の多くの人が知っている。

異常な熱波が続く中、今日も警戒警報が出ていたが曇りがちだったので決行した。私はまだ病み上がりにもなっていないが、冒険できるほど今日は気分がよかった。

しかしついてなかった。ラーメンか冷麺を食べようと中華料理店の「百楽」を目当てに行ったのに、その建物は耐震工事中で閉鎖されていてガッカリ。食券を買って麺類を食べて、柿の葉寿司とバームクーヘンを買って帰宅した。

以下の写真は主にユキが道中で撮ったものだ。

7-26-14.jpg


7-26-15.jpg
シオカラトンボ。
「くつろいでるからしばらく止まってる。
止まりたては羽をピンと張っているけれど、
落ち着いてくると羽をおろして、
休憩してるときはこうやって羽を下におろすねん」

こんなところに珍しい蓮の花。
7-26-21.jpg

ユキはこう撮った。
7-26-16.jpg

ここからは帰り道、砂利道を行く。

7-26-18.jpg
栗の赤ちゃん・「緑の太陽みたい」

私が撮るとこうなる。
7-26-22.jpg

この写真を撮った頃から急に体力がなくなり必死で家に向かった。

この写真もすごいね〜。
3メートルはあったよね。
7-26-19.jpg

ヒマワリは大らかに顔を太陽に向けている!

今日は楽しかったね、ユキ。しかも、1〜2年以上ぶりに「おばあちゃんブーム」(おばあちゃん大好きブーム)が来て驚いている。

不思議なことにサービスエリアで私の行動が周囲の人に目立って、ユキはとても恥ずかしい思いをしたにも関わらずである。
自動販売機で食券を買うと自動的に厨房に注文が届くので、席について呼び出しのアナウンスがあるまで待っていればいいのに、そのことを知らない私は食券を買うとカウンターへ直行した。

それが目立ってお客さんたちの目に留まって、食事中も何度か見られたというのだ。そのような周囲の気配に私も鈍感ではないと思っているが、今日は全くわからなかった。体調不良だと感性も鈍麻するのだろう。しかしそんなことぐらいでと思うが、思春期に入った多感なユキには嫌だったのだ。

そう言われてみれば、ユキはひたすら食べていた。無言で必死で食べていた。途中で私は何も聞いてもいないのに「もうお腹いっぱいになった」と言った。しかもラーメンは写真よりもかなり少なくて、写真が丼ばちならば実際はお椀に入っていた感じなのに。

そもそもこんなものでは足りないから、ユキはあとでエビフライサンドイッチを買うと言っていたのに「いらない」と言い、おやつを買ってレジが終るとユキはドアから出ようとしていたし、柿の葉寿司を買った時も「早く帰ろ」と促された。

レジを済ませるとユキが傍にいないので、私は「ユキー!」と大きな声で呼んでもいた。ユキにとっては

にも関わらずユキは不機嫌にならず紳士だった。そのことがすごい!
しかも「おばあちゃんブーム」だなんて、嬉しいな・・・。久しぶりに楽しい一日だった。夏休みは始まったばかり。一日一日大切に過ごしたい。熱波のおかげで遊びに行かないので一緒におられて嬉しい。
posted by 優子 at 22:57| 知子(ユキの成長) | 更新情報をチェックする