2018年08月11日

楽しかった2018年のラジオ体操

8-5-4.jpg「藤本君は最初から最後まで前でやってくれた!」とN会長さん。役員の方々も声をそろえて「ひとりだけやね」と絶賛してくださり、ご褒美に今朝は2倍のお菓子をいただいた。

8-5-1.jpg

8-5-2.jpg初日、私は緊張して前夜眠りにくくて4時間の睡眠で出陣。2日目は血圧が高めだったこともあり休もうかと思うほどしんどくて、太ももの後ろも筋肉痛。3日目もしんどくて、4日目頃までは「今で3分の一、あと何日」と毎朝数えていた。


しかし、5日目になると体力がついてきたのがわかるほどになって俄然やる気になった。89歳の女性も、3日目頃から日に日に足に力が入っていくのがわかった。83歳の女性は杖をついておられるのに、ご自身でできる形で体操を完遂され深い感動を覚えた。

毎朝、地域の方々と笑顔で挨拶を交わす気持ちよさ。私の満創痍の心が生き返っていくようで、後半はあっという間に過ぎてしまった。

8-5-3.jpg
これは8月5日(日)、この日だけ夫も参加した。この日の参加者はやや少なめだったが、平均80名ほど数えたと思う。毎朝役員さんたちのご苦労を思って感謝が溢れた。毎回参加者に配るポテトチップやグミ、クッキー、エビセン、ジュースなど品を変えて用意しなければならないからだ。最終日はお菓子とジュースを配ってくださった。

8-8-3.jpgラジオ体操に先立って7月31日から3日間、子育て支援としてサマースクール(小学生の学習会)を9時から12時まで開いてくださっている。

当自治会には教職を引退された方がたくさんおられ、例えば私がお仕えしたK会長さんも、現会長さんもそうだ。ユキは1年生の時から喜んで参加しているが、5年生になると2名だけだった。途中でスイカやジュースなどのおやつタイムもある。

今夏は8月31日からと思っていた私のミスで、30日朝に世話役さんからお電話をいただいて30分遅れで参加した。この時ユキは珍しく運筆の音さわやかに読書感想文に集中していた時だった。

2日目は書道の達人による指導だったが残念ながら断念した。というのは、この日は水泳教室に行っていない5・6年生を対象に、25メートル水泳をマスターしたい人への呼びかけだったからだ。

IMG_1720.jpg
IMG_0417.jpg





今年のサマースクールでは「実験したよ!」と帰宅するなり話してくれた。参加者全員が一人ずつ実験したそうだ。
私も何か得意の分野があればユキに賜っている良きものを引き出してやれるのにと、しみじみ保護者の在り方を考えさせられた。

IMG_1675.jpg
今夏のラジオ体操は、ユキと私にとって2018年夏の思い出になった。
このあとも続けようと決心したのに今朝はテレビ体操をしなかった。
しかし、絶対継続するぞー!

そして今朝、ユキはママと二人で2泊3日で再び小豆島へ向かった。私も誘われていたが、今回はもう一度夫と向き合おうと自宅にとどまった。
ユキが「おばあちゃんと離れるのさみしい」と言って離れなかった。あんなに毎日怒られているのに、ユキは「おばあちゃん大好き」と言ってくれる。「おじいちゃんにもさみしいって言うたげて」と耳打ちしたのに、「なんて言うんやった?」と本人の前で聞いてくるので、私が「おじいちゃんもおばあちゃんとの時間を大切にしいや」と言うと、「そのとおりでーす!」とユキ。

ユキを抱きしめて短く祈った。
何度も何度も振り返って手を振るユキ。ようやく曲がり角で見えなくなってよかったと思ったら、空き地の階段を上ってきて、パーキングのところまでやってきた。私は柵越しにユキの手を握った。「楽しんでくるね」「思いっきりエンジョイしてくるのよ! ユキ、早く行って。おばあちゃんもさみしいから」

今はもう小豆島についているだろう。ママと楽しい時を過ごしておいで。お土産話を楽しみに待っています。

8-8-1.jpg


IMG_0420.jpg廊下の机で勉強していたとき、親族の人が門を開けたまま出て行ったので9日に早速書いて貼ったのだろう。門の表面と裏面に貼ってあった。10日朝のラジオ体操に行くときに見つけた。
開けたままだと物騒だし、チャッピーがいたときは出ていかないかと気が気ではなかったから、ユキの問題解決能力に感動し教えられて、言葉にはならない気持ちになって涙が滲んできた。

IMG_1708.jpg
posted by 優子 at 15:30| 知子(ユキの成長) | 更新情報をチェックする