2018年08月27日

5年生の夏休みに −小豆島は心のふるさと−

DSC_0186.jpg8月11日(土)〜13日(月)、知子とユキは小豆島へ渡った。多忙な日々に在って今回も行く直前に探したので同じホテルに連泊できなかった。知子は今年3度目、ユキも2度目の再訪である。

4-30-5-b28b7.jpg



4月末、花の蕾がつき始めたばかりのオリーブの木は青い実をつけていた。今度は秋の寒霞渓を観たいと今から予約を入れたようだ。

2018.8.11~.jpgここは春に泊まった「天空ホテル 海蘆(かいろ)」。今回は洋室。




夕食は部屋食ではなくバーベキューを所望した。小豆島A.jpg

この日の香川県の気温は34度。新鮮な海鮮がおいしかったそうだが、夜になっても気温が下がらないのでバーベキューは暑くて拷問のようだったと、それもまた良い思い出になったね。

小豆島B.jpg


小豆島C.jpg
父なく兄弟もいないユキ。

IMG_1741.jpg
この釣り場を初めて10年になるという経営者のおじさんが親切に丁寧に教えてくださった。これは「サビキ釣り」という。

小豆島E.jpg





夏のオリーブビーチ。


IMG_1743.jpg

2日目も魚釣りをさせてもらって大喜び!
小豆島F.jpg


小豆島J.jpg


小豆島F の1.jpg
底に沈んでいるのはサヨリの幼魚。
この日は7匹も釣ったと嬉しそう。

小豆島G.jpg

ユキはこの時のことを書いたのだ!
夏休みの宿題「少年の主張」に書きかけている。
(今もまだ仕上げていない)

小豆島H.jpg 
「小さなメバルを釣った時、針が魚の目あたりに引っかかっていました。そこから赤い血が流れ、針をぬこうとしてもすぐにぬけなくて、ぬけた時にはもう死んでいました。釣ってからにがしてやろうとしたのに殺してしまったのです。海にはなすと魚はういていました」。

小豆島I.jpg字数は原稿用紙3枚以上のところ2枚半しか書けていない。ユキは昆虫と魚のエピソードを取り上げて「儚い生命」について書いているので、人間に視点を広げた。

主張の落としどころは見えているので、25日に図書館へしばし立ち寄って環境問題全般についての本を紹介した。どのように書くのか楽しみだ。

小豆島K.jpg


IMG_1749.jpg
2泊目は海蘆の2軒隣り・国際ホテル。
ホテルのロビーからエンジェル・ロードは直通だって!
posted by 優子 at 10:59| 知子(ユキの成長) | 更新情報をチェックする