2018年09月03日

2学期は台風21号到来で始まる

IMG_2199.jpgIMG_2200.jpg
夏休みが開け、今日は2学期始業式。この40日間で背丈がまた伸びた。
「ユキ、写真撮らせて! いいやろ? すぐに取って来るから!」
「あした撮ればいいやん」
「明日は台風やから撮られへんから」
この時すでに7時46分。
私は大急ぎでカメラを取りに行き、ユキも家の前まで戻って来てくれた。最高の笑顔ではなかったが記録できてよかった。シャッターを押した瞬間に、ユキはリレーのバトンを受け取ったかのように向きを変えて公園(集団登校集合場所)へ走って行った。

IMG_2206.jpg

接近中の台風21号は今年最強クラスで、市の教育委員会は早くも明日9月4日(火)は、警報発令の有無に関係なく終日臨時休業とPTAメールが届いた。大きな被害がでなければいいが。

しかし、企業はそういうわけにはいかず、明日10時からJRが運休するというので早速、社員の帰宅時の足を検討しているようだ。生協配達はどうなるのだろう。無理しないで休んでほしい。休むにもそのあとが大変だろうが、安全第一にと願う。

追記:生協の担当者から今夜8時前に電話あり。明日はいつもより1時間早く、11時過ぎに来宅とのこと。1日に70軒配達されるので午後の50カ所余りははどうするのだろう。聞きたいけれど1分でも余計な時間を取らないように見送ろう。)

今日も真智と電話で話していた。間延びすることなく、まるで梅田(大阪)から電話してきてくれているかのように会話していると、会いたくて会いたくてたまらなくなって、身近に置いてある写真を手に取った。

「今日もありがとう。ママはもう大丈夫。ありがとう、真智」。
今、この手で真智を抱きしめたい。 

15分で切るから電話してと言ったのに、また長時間話してしまったね。アメリカは明日は勤労感謝で休日だと聞いて安心した。早くおやすみ。

          IMG_2212.jpg  IMG_2213.jpg   
            幼い頃の知子と真智子。
左は小学校卒業間近かの知子と3年生のマチ。右は中学3年生の知子と小6のマチ。私にはどちらも昨日のことのよう。真智はアメリカに渡って12年目になる。この時はまさかマチが経済学者になってIMFで働くなんて思いもしなかった。

IMG_2205.jpg私は今の園児や児童のこどもたちが遊ぶ姿を見るたびに、子どもたちの上に黒雲のように覆いかぶさって来る日本の将来を思う。特に原発事故の後始末を思うからだ。

後始末は30年や40年ではすまない。仮にそうであっても、今無邪気に虫や魚を追って遊んでいる子どもたちの中から携わってくれる人が生み出されていくのであり、子々孫々に託すことになる現実に心が痛む。

IMG_2071.jpgそんなことを思いながら小学5年生の2学期が始まった。

今年は季節も速くめぐる。8月29日に義母の花壇のシュウメイギクが咲いた。



IMG_1581.jpg
小学校の前にあるのを7月末に気がついた。
posted by 優子 at 18:09| 知子(ユキの成長) | 更新情報をチェックする